詩集「いけがみ」は、昭和31年に創刊されました。池上小学校の児童の作品を掲載した詩集です。
一人一人が詩を創作する活動によって、豊かな心情と感性を養います。児童の作った詩は、毎月、1階職員室前の掲示板に掲示されています。
 また、毎月1回、国語朝会を開き、各学年の代表児童が、自分で作った詩を発表し、全校で鑑賞する場を設けています。
 このページでは、国語朝会で発表した児童の詩を紹介します。友達の作品の内容、表現の良さに気づき、自分の作品作りに生かしていきましょう。

 ・詩集「いけがみ」の歴史  →  池小歴史館

※各タイトルは、国語朝会で発表した年度と学年です。詩を制作した時は、
  タイトルの前年度、前学年になります。

平成27年度 2年生の作品

 ★せみ
  ジリジリ
  せみがないていると
  にんげんが ちかづいてきた
  そうしたら
  せみが なきごえをやめて
  じいとしていた
  そうしたら にんげんが
  むこうのやまへいったから
  せみは  なきはじめた
  ジリジリジリジリ
  きもちいいな
  また このきでいっぱいなこう

 ★ねこ
  あ、ちょっと
  ねこふんでるよ
  あ、ほんとだ
  ごめんね ねこちゃん
  にゃにゃ いいよ
  だいすきにゃ
  わたしもすきだよ

 ★できたこと
  せんせい、あのね

  こうさとびが できたよ
  六かい つづけられたよ
  ようちえんのとき
  れんしゅうしたよ
  でも できなかったよ
  一ねんせいにあがって
  れんしゅうしたけど
  できなかったよ
  あるひ こうえんでやったら
  できたよ
  ようちえんで
  やったかいが あったとおもったよ


平成27年度 4年生の作品

 ★真っ白な紙
  真っ白な紙
  とってもとってもさみしそう
  「さぁ。みんなで早く色をぬって。」
  真っ白な紙がさみしそうにささやく
  でもだれも見向きもしてくれない
  真っ白な紙は泣いた
  真っ白な紙は悲しそうなひとみでみんなを見つめる
  いっつもこのくり返し
  夜になった
  人は少なくなっていく
  また朝になった
  さぁ
  悲しい朝の始まりだ

 ★家
  ぽつぽつぽっつん雨がふってきた
  でも家の中にいるわたしはだいじょうぶ
  だって家が守ってくれるんだもん
  雨の日も 雪の日も さむい日も すごくあつい日も
  いつも家は、私を守ってくれる
  風がつよいたいふうの日も
  かれきとかとんできてあたったらいたそうなのに
  いたいって言っちゃえばいいのに
  あ、家はしゃべれないからしょうがいないね
  だけど家はわたしを守ってくれる
  わたしにとって家は加山家のへいたいさんだな

 ★夏休み
  宿題はむずかしい

  早く遊びたい
  プールに行ってつかれちゃう
  一番らくなラッコ泳ぎ
  ただういて手足を動かすだけ
  りょこうも楽しい
  ホテルにとまって海に入る
  海はとてもしょっぱい
  とっても楽しかった
  来年も楽しくすごせるかな
  夏休み早くこないかな


平成27年度 6年生の作品

 ★冬
  冬はあまり好きではない
  なぜなら
  寒いからだ
  冬はあまり好きではない
  なぜなら
  手がかじかんで字がかけなくなるからだ
  でも冬はちょっと好き
  なぜなら
  雪だるまをつくれるからだ
  いくら冬がきらいでも
  すてきなことがあるんだな

 ★木
  木は
  何年も何年も
  生きている
  木ってすごいな
  木は
  人間より
  長生きしている

  でも
  木は
  人間みたいに
  動けない



平成26年度 五組の作品

 ★ばら星うん
  うちゅうがすき
  きれいだから
  うちゅうには ぎんががある
  ぎんがは、まるくてきれい
  うちゅうには
  いろんなのがある
  ブラックホールと
  ばら星うんがある
  ブラックホールには、
  黒いのがある
  すいこまれると
  にどと出られない
  ばら星うんは、
  ばらの形をしている星うん
  大人になったら
  うちゅうひこうしになるのがゆめ

 ★伊豆高原学園
  伊豆高原学園は、楽しかった
  テディベアミュージアムが
  楽しかった
  足ゆが楽しかった
  おみやげをかうのが
  楽しかった
  風船キャッチが楽しかった


平成26年度 2年生の作品

 ★くるま
  くるまと しゃべりたいな
  くるまは しゃべれないけど
  しゃべりたいな
  「はしっているかぜは
   どうですか。」
  「きもちいいよ。」
  「たいやさん
   めはまわりますか。」
  「いつも まわります。」
 

 ★おとうと
  わたしは
  おとうとのえがおがすき
  そうすると
  わたしもえがおになる
  ときどき
  けんかもするけれど
  すぐになかなおり
  そんなおとうとが
  わたしはすき
 

 ★月
  月はよるになると見える
  月はずっとついてくる
  どんなにはしっても
  ついてくる
  わたしがとまったら
  月もとまる
  月ってふしぎだな
  月ってきれいだな


平成26年度 3年生の作品

 ★みんみん
  ジージー鳴くのはせみ
  そうっと近づくあみ
  森のむこうにうみ
  きらきらかがやくみずうみ
  ざぶざぶあがるなみ
  夏は たのしい
  夏まつり、虫とり、プール、かきごおり
  ジージー鳴くのはせみ
  そうっと近づくあみ
  つかまえた
 

 ★わたしのプー
  わたしの家にプーがきた
  ちゃ色に少し赤をたした色
  フワフワしてかわいい犬
  おすわりとまてができる
  さんぽはおかあさんとよしと
  わたしで行く
  プーは力があって、
  おいつけないほどの力だ
  みんなにかわいがられていて
  いつもゴロンしている
  わたしはプーがゴロンしているところがかわいいと思う

 ★おなら
  「プープー」
  「プープー」
  なんでおならが出るのかな
  あっそうだ
  きのうぎんなんを食べたんだ
  いや ちがう
  あっそうだ
  きのうくりごはんを
  食べたんだ
  いや ちがう

  あっ  わかったぞ   
  きのうやきいもを食べたんだ

 


平成26年度 4年生の作品

 ★お花と月夜
  私がもしお花なら
  一日の中で
  夜が好きかも
  なぜって
  月さんと
  遊べると思うから

  私がもし月さんなら
  一日の中で夜が好きかも
  なぜって
  お花に
  子もり歌をうたえると
  思うから

  次のまん月が
  楽しみだな

 ★電気
  電気はすごいな!

  電気はピカピカ
  電柱も電気だな
  電車もかみなりも電気だな

  電気はすごいな!


 ★たよれるたぬき
  首にすずをつけて
  どらやきをいつも食べている。
  どらやきが好きみたい。
  すごくたよれるそんざいだ。
  にがてなことも楽にできる。
  ポケットから道具を出して、
  いつも助けてくれるんだ。
  やりたいこともすぐにできる。
  ただ、たよりすぎると
  バチが当たる。
  だけど、一度でいいから
  たよってみたい。
  

平成26年度 5年生の作品

 ★イナゴ
  おれはイナゴ
  おれの後ろ足はおれの中で
  一番かがやいているぜ
  この自まんの後ろ足を使って
  ロケットのように
  とび上がるぜ
  この姿 おれの中で一番
  きまっているぜ
  これでとび上がったら
  おれのライバルカマキリも
  きっと目を丸くするぜ
  すごいだろう

 ★木の一生
  木は長い間生きる
  夏はこい緑
  元気色
  どんどんのびてく

  秋は葉をからし
  実をつけ種つくる
  冬はたくさんの木の葉が
  なくなる
  でもね
  冬のさむいも
  木には必要なこと
  秋冬夏のじゅんびが
  出る季節 春
  こうして木は生きていく

平成26年度 6年生の作品

 ★こんな最高学年に
  六年生はすごいなぁ
  委員長にも
  クラブ長にも
  なれる
  私の一つ上の
  六年生は
  とっても
  やさしい
  私たち五年生が
  片づける物を
  片づけてくれたり
  色々してもらった
  だけど私も
  もうすぐ六年生
  今の六年生みたいな
  やさしい 
  最高学年に
  なりたいな

 ★愛犬
  愛犬のなまえはじゅり
  私よりも
  ずーっと前に家に来た
  私が赤ちゃんの時は、
  いっしょにそいねをしたり
  にらめっこもした
  にらめっこをすると
  いつも負ける
  私がふとんでねるようになった時いっしょにねた

  今まで
  一回もしたことないのに
  初めておもらしをした時、
  家族が心配した
  一ヶ月後
  天国へ旅立った
  また、会いたいな

平成25年度 五組の作品

 ★いずこうげん
   いずこうげんはたのしい
   とおいのがいい
   おどりこごうはたのしい
   はやいのがいい
   おふろがすき
   ひろくていい
   五くみのみんなと入った
   すこしあつかった
   あたまをあらった
   てつだってもらった
   せっけんが目に入った
   タオルがなかったから
   目があけられなかった
   あたまが
   ぐしゃぐしゃになった
   きもちよかった

 ★いちご
   いちごは
   めが出たら
   はっぱが出て
   みがなります
   おいしそうです
   ピンクで
   丸くて
   点々がついてる
   おいしそうです

 ★はいえん
   
せきがでた
   ねつがでた
   おなかがくるしい
   びょういにった
   おいしゃさんが
   レントゲンみたよ
   ほねがあった
   「だいじょうぶですよ。」
   いったね
   アンディがいった
   「ありがとうございます。」
 
  なおってよかったね。

平成25年度 2年生の作品

 ★サッカー
   サッカーってたのしいな
   ボールをけるとたのしいな
   ドリブルするとたのしいな
   しあいにでるのもたのしいな
   一てんいれるとたのしいな
   二てんはいってうれしいな
   おうえんもらえてうれしいな
   サッカーってたのしいな

 ★あきさがし
   こうていで
   あきさがしをした
   こうていのいろいろな
   ところをまわった
   おちばもいっぱいみつけた
   おちばをひろって、
   ともだちとなげた
   オクラのたねやトマトもみつけた
   あきのはなもみつけた
   あきさがしは、
   たのしくて いい

 ★のりもの
   ぼくがすきなものは のりもの
   はしっているところを
   見ることが 大すき
   人をはこぶ車
   はやい車
   かっこいい車
   とてもたのしい
   車の中を見てみたら
   モーター
   オイル
   エンジン
   たくさんあって びっくりした
   いつか 車をうんてんしたいな

  
平成25年度 3年生の作品

 ★星
   星は、夜になると
   どうして
   光って見えるんだろう
   うちゅうに行けば分かるかな
   うちゅうから見たら
   星は大きく見えるかな
   地きゅうから見たら
   星は小さく見えるけど
   うちゅうから見たら
   どんなふうに見えるのかな


 ★夏から秋へ
   夏の虫は、もうおしまし
   こんどは秋の虫にかわる
   夏の、木のみどりのはの色も
   秋の赤や黄色にかわっていく
   夕方にとぶ赤とんぼ
   お空の色といっしょだね
   夕方の空まっかっか
   秋はほとんどまっかっか
   秋っていい色すてきな色


 ★夏 すいか
   夏だ!
   すいかだ
   たねぷっぷ

平成25年度 4年生の作品

 ★命
   命は体の中にある
   命があるから
   人間は生きられる
   命はいろんな植物や虫や魚や
   木に入っている
   うちゅうのはてにも
   命があるかもしれない
   命があるから
   色々な事ができる
   命はいつか消える
   だからぼくは
   命を大切にしたい

 ★わたしはネコ
   いつもはゴロゴロしています
   でもたまには さん歩をします
   歩いていると人の足しか
   見えません
   人通りの多いところに行くと、
   「あっ、ネコ!」
   と言ってなでられます
   でもいやなことをされると
   するどいつめでひっかきます
   それでもやっぱり
   気持ちいいので
   やさしくやさしく
   なでてください

◆平成25年度 5年生の作品

 ★木
   木は いろんな服をもっている
   春にはきれいな ピンクの花びらの服
   夏にはすずしげな 緑の葉っぱの服
   秋には 赤い葉っぱの服
   でも、冬はきる服がない

   木はいろんな服をもっている
   みんな
   「木っていいな。」
   と思ってる
   木がうらやましがられている

 ★読書
   本開く
   自分の世界が広がるよ
   主人公になったみたい
   一回ページをめくると
   止まらない
   止まらない
   読書っていいな
   読書っていいな

◆平成25年度 6年生の作品

 ★ランドセル
   ランドセルは
   一年生のころから
   うれしいときも
   悲しいときも
   雨の日だって
   せなかにいて
   荷物を入れてくれた
   でも
   あと一年で
   ランドセルともお別れ
   さびしいけれど
   残りの一年も
   よろしくね

 ★伊豆の風景
   風景は自然がつくる
   自然がなければ
   風景もない
   風景に感動する
   心がゆれる
   伊豆は空気がきれい
   なぜだろう
   自然がきれいな空気を
   生みだす
   空気がきれいだから
   風景もきれい
   これは伊豆にしかない

 ★命
   神様はぼくたちに命をくれた
   死ぬためではない
   生きるための命をくれた
   人を殺すというのは
   その人の未来をもなくしてしまう
   自殺するというのは
   まだまだ可能性のある未来を
   まだ変えることのできる未来を
   
なくしてしまう
   ぼくは自分の命を大切に生きる
   他人の命も大切にしよう
   そして自分の命をまっとうしよう

◆平成24年度 五組の作品

 ★きのうのこと
   おかいもの
   ジュースかいました
   もやし
   たけのこ
   ごはん
   みそしる
   てまきずし
   ケーキ
   パイナップル
   たぬき
   ドラえもん
   クレヨンしんちゃん
   アンパンマン
   ぜんぶきんようび

 ★いずこうげん
   とっきゅうでんしゃ
   おどりこごうにのった
   あそこに
   やまがみえた
   てっきょうがみえた
   うみがみえた
   おおきかった
   おふろにはいった
   あったかいおふろ
   きもちよかった
   おみやげは おせんべい
   ほとけさまにあげる


◆平成24年度 2年生の作品

 ★てつぼう
   てつぼうで
   こうもりをやると
   こわかった
   やるときどきどきした
   手をはなすのはこわかった
   でもがんばって
   手をはなした
   できたときうれしかった

 ★こころ
   なんでこころって
   あるんだろう
   こころがなくなると
   どうなるんだろう
   こころがなくなると
   なんでげんきが
   なくなるんだろう
   こころがなくなると
   わらったり
   おこったり
   できないんだろうな
   

 ★ちょうちょ
   きれいな のはらに
   ちょうちょが いた
   きれいだった
   なんかいも
   つかまえようとした
   でも つかまえられなかった
   空にとんでいった
   きっと またおはなを
   さがすのかな
   わたしにもまた
   あいにきてくれるかな
   

◆平成24年度 3年生の作品

 ★りんごの木
   木は生きている
   生きているから
   はっぱやりんごができる
   雨がふるから
   大きくなる
   りんごはおいしい
   りんごの木は
   冬になって
   はっぱがなくなっても
   木は しんでない
   だから
   来年 また
   はっぱもりんごも
   できる

 ★フライパンとおなべ
   フライパンは、お母さんの友だちみたいなもの。
   おなべもつかってる。
   お母さんがりょうりをすると
   「ぼくを先につかってぇ。」
   「いやよ。わたしの方が先。」
   と言ってるみたい。
   お母さんがフライパンも、おなべもつかわないで
   ニンジンを切ってるとき
   「あぁん、つかってよぅ。」
   「ニンジンなんかどうでもいいからぁ。」
   「コラッ!後でつかうから。だまってなさい。」
   っておこられちゃう。
   「だけどぼく、キレイだよ。」
   「そうそう。つかってよね。」

◆平成24年度 4年生の作品

 ★妹
   いつも物を投げつける
   自分がえらいと思ってる
   いつでもどこでも
   いじけちゃう
   前はお出かけ先の
   ビルでも泣いた
   でも私は妹がいてうれしい

 ★月
   月は明るい
   明るいといっても
   太陽が赤いのとはちがって
   月にはいろんな色がある
   黄色 青色
   ぼくが一番好きなのは青い月
   かっこいいと思うから
   今夜の月は青いかな


◆平成24年度 5年生の作品

 ★風
   だんだん
   夏になるにつれて
   風が温かくなる
   遊んでいる時や
   外に出ている時に感じる
   風は気持ちいいな
   風は
   花のにおいも運んでくる
   耳でも風を感じる
   ピューピューと風の音がする
   風は気持ちいいな
   気持ちいいな

 ★ぼくの弟
   ぼくの弟は
   いやなことばかりする
   ゲームのじゃまや
   読書のじゃま
   ぼくの弟は
   かいじゅうのようだ
   でもぼくはそんな
   かいじゅうが大好きだ


 ★雲
   雲は旅人
   風に乗ってどこまでも
   夜になっても
   朝になっても
   どこまでも
   風に乗って旅をする
   風が強くても
   弱くても
   どこへでも乗っていく
   雲は旅人
   風に乗ってどこまでも


◆平成24年度 6年生の作品

 ★ひまわり
   夏の朝
   暑さをこらえ
   伸びていく
   黄色のかみをゆらし
   どんどんどんどん伸びていく
   だれにも負けないように
   みんなで大きい笑顔をつくり
   ゆれている
   目の前にある秋を探して


 ★スキー
   冬は季節の中で一番好き  
   スキーができるから  
   冬のスポーツの中で  
   スキーが一番楽しい  
   すべるときのかいかんが  
   たまらないから  
   「ザー、ザー」  
   と雪をすべる音が聞こえると  
   スキーをやっている実感がわく  
   すべり終わったときは、  
   手がかじかんでいたいけど  
   すべっている最中が楽しいから
   「まぁいいや」
   こんどはスノボーをやりたい  
   来年の冬も楽しみた


 ★うわぁおこられた
   私のならいごとの帰り道
   自転車で急に曲がったら
   うしろから 「おじょうちゃんあぶないよ。」と
   おばさんのどなり声がした。
   声はかんじの悪い大阪の
   おばさんのよう
   私もおばさんも自転車にのって いるのはたしか
   いそいでふりかえると
   友だちしかいない
   どうやらそれは友だちがふざけて
   言ったものだった はぁびっくりした


◆平成23年度 2年生の作品

 ★ふゆさがし
   イチョウの木を
   さわってみたら
   ざらざらだった。
   イチョウの木の
   はっぱのいろが
   オレンジときいろだった。
   木のえだが すくなくなっていた。
   はっぱも木も からからだった。

 ★たのしいこと
   とうそうちゅうって
   たのしいなぁ
   さかあがりって
   たのしいなぁ
   トミカのくるまって
   たのしいなぁ
   ごちょうめこうえん
   たのしいなぁ
   よかった。
   たのしいことがあって。


◆平成23年度 五組の作品

 ★かいもの
   おかあさんにたのまれて
   スーパーに いった
   いえのちかくの
   スーパーなのに
   まちがって つるかめに
   いっちゃった
   たのまれたものが
   なかった
   いえに でんわを かけた
   おかあさんに きいたら
   いえの ちかくの
   スーパーだった
   ようやく かいものができた
   つぎは まちがわないように 気をつけよう

 ★インターバル走
   業間体育で
   インターバル走をした
   高須賀先生の合図で走った
   2分走って30秒歩くのを3回
   おもいっきりはしった
   疲れた
   肩こった 汗もかいた
   目も疲れた
   息が苦しくなった
   10周走った
   とうっても 疲れた
   たのしくは ないけれど
   うれしかった
   また
   インターバル走がしたい


◆平成23年度 3年生の作品

 ★太よう
   太ようは大きい
   どれくらい 大きいんだろう
   本でしらべたら
   地きゅう三百四十三こなきゃ
   太ようをかこめないんだって
   とっても大きいんだなぁ
   すごいことに
   本にこう書いてあった
   「太ようがあるから人や生きものも生きている。」
    太ようってすごいなぁ

 ★どんぐり
   どんぐりって
   いっぱいしゅるいが あるけど
   なんでちがうんだろう
   ちっちゃいの
   大きいの
   細いの
   いっぱいあるな

◆平成23年度 4年生の作品

 ★お母さん
   いつもぼくたちのために
   早起きなお母さん。
   お母さんは朝起きたばかりなのに元気だ。
   夜もいそがしくて早くねられないのに元気だ。
   おこるときはこわいけど
   いつもぼくたちを思っている
   お母さん

 ★木
   木は大切な物
   だけどきりたおされる
   木は生きている
   でも人間が木を使う
   木がへっていく
   木はなくてはならない物
   木は大切な物
   動物も人間も
   みんな大事に
   大切に使って
   へらさないようにしようと思う

 ★友だち
   友だちは宝物
   どんなときでもいっしょにいてくれる
   たまにはけんかもしてしまうけど
   「ごめんね。」のひとことで
   けんかもすぐ終わる
   いっしょに遊んで笑おうよ
   友だちはどんなときでも信じよう
   友だちいっぱいつくろうよ
   友だちがいっぱいできたらうれしいな

◆平成23年度 5年生の作品


 ★きる
   トントントン、野菜を切る
   シャッシャッシャ、トランプをきる
   スイスイスイ、風をきる
   キー、ハンドルを右にきる
   いてててて、ススキの葉で手を切る
   段落で、きる
   うんしょうんしょ、服を着る
   おもしろかった、本を全部読みきる
   おりゃー、思い切る
   一つの言葉でも、いろいろな意味がある
   言葉は不思議だ

 ★ノートの気持ち

   あ、また落がきしてる
   今の話を聞いたのか
   ここを五分でとくんだぞ
   こんどはちゃんとやってるな
   あら、答えがまちがってる
   まあ、いっか
   ギリギリとけてよかったな
   オイオイ 今度はやぶるのか
   やぶられるのは 好きじゃない
   しかも今日は
   友だちの教科書をおいていっただろう
   しっかりしてよ

 ★風船
   風船は、手をつかんでないと
   すぐににげ出す
    でも、次の朝になると、
   風船はよぼよぼ
   まるでおじいさんみたい
   風船は、空気を食べて生きている
   風船の空気をぬくと、
   すごいスピードで飛んでいく
   「ピンピン」したり よぼよぼになったり
   あっという間に変身して
   風船はおもしろい


◆平成23年度 6年生の作品


 ★心の本
   心の本をペラッとめくる
   自分一人だけの
   人それぞれちがう
   世界で自分一人だけの
   本をめくる
   私はまださわった事のない
   何が書いてあるのかなぁとか
   ぎ問や不思議だけが
   どんどんでてくる本
   それが心の本
   私はいつになったら
   あけられるのかなぁ

 ★みんなかならず
   だれもが持っている
   でも みんなちがう
   一人一人持っている
   持っていない人なんていない
   自分だけの物
   例えば・・・・・・
   「名前」
   「命」
   どれも買うことなんて
   出来ない
   大切な大切な物
   これからもずっと
   大切にしたい

 
Design & Copyright 2010 Ikegami Elementary School All Rights Reserved.
大田区立池上小学校 住所:東京都大田区池上1-33-8  TEL 03-3753-9381 / FAX 03-3753-9382