◆池上小学校 地質柱状図(ちしつちゅうじょうず)

 池上小学校の地下は、どうなっているのでしょう。
 池上小を作る時に、ボーリング調査といって、地面の下をほって、
土の種類やかたさを調べます。
 それをまとめたものを「地質柱状図」といいます。
 地質柱状図を見ると、地下20mまでの土の様子や、池上の土地が
どのようにしてできたかがわかります。今の体育館を作る時に、地下
から貝の化石が出てきたそうです。そのことから池上小の近くは、昔、
貝などがすむ浅い海が広がっていたと考えられます。
 地質柱状図を見ながら、池上の土地のつくりや歴史(どのようにして
できたか)について考えてみましょう。


  ・池上小地質柱状図


◆池上会館 化石図かん
 池上小学校のとなりにある池上会館に行くと、1億年ほど前の化石が
見つかります。
 池上会館のかべに使われている大理石という石は、大昔に生きてい
た貝やサンゴ、ウニなどの生き物のからがつもってできたものです。
 化石図かんを見ながら、1階や屋上のかべを見て、化石を見つけてみ
ましょう。
 観察する時は、かならず受付に「化石を見にきました」と伝えましょう。
池上会館は、様々な方が利用しているので、利用者のめいわくになら
ないように気をつけましょう。


  ・池上会館 化石図かん

 
Design & Copyright 2010 Ikegami Elementary School All Rights Reserved.
大田区立池上小学校 住所:東京都大田区池上1-33-8  TEL 03-3753-9381 / FAX 03-3753-9382